風邪の季節の前にできる予防・対策

風邪の季節の前にできる予防・対策

風邪を引き起こすウイルスは、鼻やのどの粘膜から体に侵入しますので、外からウイルスを室内に持ち込まないことが鉄則です!

うがい手洗いの習慣を身につける!

外出先から帰宅したら必ず、うがい手洗いをしましょう!

水でのうがいでも良いのですが、より効果的なのはうがい薬を使うことです。

特にインフルエンザなどの流行り風邪の時期はうがい薬を使えば、病原性細菌やウイルスを一時的に少なくする効果が期待できます。

ただしうがい薬は、のどの粘膜を守っている良い菌まで殺菌してしまうので、1日3回程度にしておきましょう!

手洗いは殺菌効果のあるハンドソープで、爪の中から手首まで丁寧に洗うことが望ましいでしょう。

手洗いの時間の目安は30~60秒とされていますが、実際に洗ってみたらかなり長く感じます。

そこで、わたしがやっていること!

みなさんご存知の誕生日ソング「Happy birthday to you~♪」を楽しく歌いながらの手洗いをしています。

Happy birthday to you~♪をフルバージョン3回歌えば、手についた菌が綺麗に取れます。

毎日がHAPPY!どうですか?

室内を乾燥させない!

菌は低温と乾燥が大好物なので、室内を潤すことが大切です。

加湿器を使うのもよいのですが、電気代が気になりますよね?

ケチなわたしはタダで加湿できる方法で、室内を快適に保っています。

方法は簡単!

500mlのペットボトルの7分目まで水を入れて凍らせておき、カチカチになったら部屋の好きな場所に置けばいいだけです。

ちなみに我が家では、1部屋に2つづつ置いています。

凍った水が溶ける時に水蒸気を出すので、立派な加湿器になるのです!

ペットボトルの下は濡れるので、必ずタオルなどを敷いてください。

そして室内干しの洗濯物の下に置けば乾きが早くなるという、かなり使える「0円加湿器」であります。

ペットボトルが水になったら再び冷凍庫へ戻せば、繰り返し使えます。

のどを潤すこと!

風邪の菌やウィルスは乾燥が大好きです。なので粘膜の潤いを保ち、ウイルスを体に入れないことが大切です。

みなさんが「のどが乾いた」と感じる時は、実はのどはカラカラな状態であり、菌が既に侵入しているかもしれません。

のどの乾きを感じていなくても20分に1度を目安に、水分を摂ることをおすすめします。

基本的にはどんな飲み物でもいいのですが、おすすめは抗菌作用がある緑茶です!

そしてのどに違和感を感じる時は、緑茶でうがいをしてそのまま飲んでしまえばいいのです。

うがいをした緑茶を飲んでも大丈夫なの?と疑問に思うでしょうが、これが大丈夫なのです。

なぜならば、緑茶に含まれる苦み成分である「カテキン」がのどの奥まで殺菌してくれ、更に菌やウィルスの侵入を防ぐ作用があるのです。

カテキンは菌ウィルスよりも強いのです!

急須で入れたお茶が面倒であれば、ペットボトルのお茶でも効果はあります。気付いた時にちょこちょこ飲めて便利ですよね。

そして濃いめのお茶を選べば、より効果は高まるかと思います。

よかったらお試しください!

寝る時は素足で代謝アップ!

万病の元といわれる「冷え」。

代謝アップして体を温めることが、風邪やウィルスに負けない体作りの基本ともいえるでしょう。

人間の体はとても利口なので、自然治癒力や自己体温調整力などのチカラがあるのです。

なので寒いからといって過度な厚着をしてしまうと、脳が「この人寒くないみたいですよー!」と間違った伝達を体にしてしまいます。

すると自己体温調整力が低下してしまい、体は寒いのになかなか体温が上がらないということになりまかねません。

そこで!

わたしが実践して深刻な冷え性を徐々に改善できた方法は
「寝るときは素足になる!」
です。

冷えの原因は身体中を巡る血液が末端まで届かないこと、代謝が悪いことです。

なので厚い靴下でつま先を覆ってしまうと逆効果になりかねません。

それでも起きている間は靴下なしなんて無理ですよね。

靴下は温かい反面、足先を圧迫してしまいます。

すると血液が末端まで届かず、冷え冷えになってしまいます。

起きている間はなにをするにも足の指を使うので循環にあまり問題はありませんが、寝ている時はほとんど動かないですよね?

なので靴下を履いて寝ると…冷え冷え冷え…ヒェー!

そこで!

布団に入る前に思いきって靴下をえいっ!と脱いでみてください。

はじめは慣れるまでは寒いです。

そんな時は足の指を開いて閉じてと動かして「早く血よ巡って来い!」と念じて(笑)みてください。

2~3分でほんわか温かくなってくる感覚があるはずです(時間に個人差ありです)

それが血が足先まで届いた証です。

そして慣れたら、靴下を履いて寝るのが気持ち悪くなるくらい快適になります!

むくみや倦怠感にも効果的です。

寝ている時間を利用して代謝アップをすれば、冷え性も徐々に改善されるかと思います。

足先を自由にして、血の巡りで冷えから解放されませんか?

本当に気持ちがいいですよ!

わたしのおすすめ法です。

温めると効果的な部位!

体の部位で「首」とつくところには、太い動脈が皮膚の下を通っているので、ここを温めると代謝アップに効果的です!

・首
・足首
・手首
・腰首(お腹周り)

夏場クーラーで冷え過ぎるときには、首にストールを巻くといいでしょう。

冬場にカイロをつかう時には、足首、お腹周り(ヘソの下5センチ辺りを目安に)に貼ると効果的です。

お腹周りは生理痛の緩和にもいいですよ!

そして首にはあたたかいストールで完璧かも?かもー!

わたしは毛糸の靴下の上から両足首に、お腹周りは肌着の上からペタリと張っています。

カイロも正しく使わないと、上手く体を温められずに勿体ない!

ポイントは「首」です。

よかったらお試しください。

ここまでの更新:

風邪の季節の前にできる予防・対策

風邪のひき始めにできる対処法

風邪がひどくなった時の対処法

風邪をぶりかえさないためにできる対処法

からだから元気!カテゴリの最新記事