風邪をぶりかえさないためにできる対処法

風邪をぶりかえさないためにできる対処法

風邪を「こじらせる」??

一旦よくなりかけたのにまたぶり返してしまうことを「風邪をこじらせる」といいますが、この場合は今までの風邪のウイルスではなく、別のウイルスに感染している疑いがあります。

風邪の治りかけは免疫力が低下しているので、別のウイルスなどに感染しやすい体になっています。

簡単にいうと…「前の風邪は治ったけれど、新たに別の風邪を引いてしまった状態」が、みなさんがいう「風邪をぶり返す」ということなのです。

では風邪をぶり返さない(新しい風邪を引かない)ためにはどうしたらよいのでしょうか?

風邪を引いた身体はとても弱っている状態なので、安静と睡眠と栄養をとることが1番大切なことです。

そして身体をあたためて免疫力をアップさせることです。

結局はここに戻るわけですが、やはり風邪を引いたときの対策として1番有効なのは、自己治癒力を上げることに尽きる!これですね。

そして新たなウイルスをもらわないよう、不要な外出は控えた方がよいでしょう。

どうしてもの外出時にはマスクと除菌剤で予防して、帰宅後のうがい手洗いを徹底することが大切です。

早めに病院に受診しましょう!

よく「風邪を治すくすりが欲しいです」と言う患者さんがいますが、残念ながら風邪を治すくすりはありません。

市販薬や医師から処方されるくすりは「つらい症状をやわらげる」ものであり、風邪の菌と戦い回復に向かわせるのは人間の身体の免疫機能」です!

そう「自然治癒力」なのです!

熱があれば解熱剤
せきがでたらせき止め薬
のどの痛みには消炎薬

このようにつらい症状をやわらげて免疫機能がうまく働くように助けてくれるのがくすり、これが正しい解釈になります。

なにかしらの慢性疾患を抱えていると、免疫機能がうまく働いてくれない、風邪を引いても治りが遅い、などと悩ましいですよね?

だからこそ、お薬手帳を持参して、自分に合ったくすりを処方してもらうことがとても大切です。

風邪の症状が変わったり、なかなかよくならない時は、早めの受診をおすすめします。

こころの健康のためにも「かかりつけ医」を決めておくとよいかもしれません。

小さな町医者であれば、往診してくれるところも多いかと思います。

わたしも病院に行けない時は、かかりつけ医を呼びつけて(笑)診てもらっています。

往診料は安心料だと思っています。

安易に抗生物質をのまない!

「風邪を引いたら抗生物質を飲めば治る」とお考えの方が多いようですが、それは大きな間違いです!

ほとんどの風邪がウイルス性であり、ウイルス性の風邪に抗生物質は効果はありません

昔はよく抗生物質を飲んでたのに?と思う方もいると思いますが、昔は風邪を引いたら細菌感染の合併を起こすことが多かったので、予防で処方されていました。

しかし現在は細菌感染の予防ができないことが証明されたのです。

そして不要な時に抗生物質を飲んでしまうと、抗生物質が効かないバイ菌が身体に住みついてしまい本当に抗生剤治療が必要な病気になった時に効かないという、怖いことになりかねません。

もしも医師から抗生物質を処方された場合は、
本当に必要なのか?
なんのためにのむのか?
の説明を、きちんとしてもらうようにしてください。

風邪は万病のもと」とも言われています。

正しい知識をもって、正しい対処をすることで病気に強い体を作っていきましょう!

ここまでの更新:

風邪の季節の前にできる予防・対策

風邪のひき始めにできる対処法

風邪がひどくなった時の対処法

風邪をぶりかえさないためにできる対処法

からだから元気!カテゴリの最新記事