インフルエンザの季節の前に!予防接種の知識・タイミング・費用などについて

インフルエンザの季節の前に!予防接種の知識・タイミング・費用などについて

はじめに!

インフルエンザを予防する目的として「インフルエンザ予防接種」をしますよね?

ですが予防接種を受けたからといって、インフルエンザに絶対にかからないというわけではありません。

「インフルエンザにかかりにくくなる」
「かかっても比較的軽い症状ですむ」
と考えてください。

通常インフルエンザが猛威をふるうのは、12月~2月とされています。

ですが最近では新型インフルエンザなどが流行ったりと、例年よりも早い段階の10月~11月くらいから流行ることも珍しくなくなりました。

ではいつインフルエンザ予防接種を受ければよいのでしょうか?値段は?など…

ここではインフルエンザ予防接種についての情報をお届けします。

よかったら参考にしてください。

インフルエンザ予防接種を受けるタイミングは?

10月~11月中が理想的です!
(多くの医療機関は11月を推奨しています)

インフルエンザのワクチンはすぐに効くわけではなく、抗体ができるまで(身体のなかでワクチン効くまで)1~3週間はかかります

よってインフルエンザが流行る1カ月~2カ月前までに行うのがよいとされています。

そしてインフルエンザが本格的に流行り出したらワクチンが足りない!とのニュースも毎年流れているため、上記期間内に済ませておくことをおすすめします。

何回打てばいいのか?

生後6ヶ月~12歳までのお子さんは2回の接種が必要です。
(1回目接種から2回目接種まであける期間は2週間~4週間)

13歳~成人の方は1回の接種になります。
(場合によっては2回接種)

お子さんの予防接種をお考えの方は2回打つことを考慮して、1回目の注射を10月下旬までに済ませることが望ましいでしょう。

ワクチンの効果が続く期間は?

約半年間です。

予防接種を受けてから抗体ができるまで約1~3週間の時間が必要で、その後は効果が徐々に減っていきながら約半年間は効果が持続します。

予防接種を受ける時期はあくまでも目安であり最も理想的ではありますが、受験生の方やご予定がある方は、事前に医療機関に相談することをおすすめします。

予防接種の値段は?

・医療機関によって異なります!

料金は各医療機関の判断で設定してよいとなっているので、値段に差がでるのです。

ちなみに初診料などの値段が病院によって違うのも、そのためです(豆知識です)

安いところでは2,500円~4,000円
高いと5,000円~7,000円
(13歳以上)

看護師をやっていた経験上、総合病院など大きな病院よりも、個人の病院の方が安いことが多いです。

そして予防接種は完全予約制がほとんどなので、事前に医療機関に問い合わせることをおすすめします。

値段が安くても高くても効果は同じなので、ご安心ください!

インフルエンザ予防接種は、必ず受けなければならないというわけではありません。

身体にワクチンを入れることで、発熱などのリスクを伴う恐れもあります。

もしも私のように精神疾患のくすりを常用している場合などは、精神科の医師との相談が必要かと思います。

そしてインフルエンザ予防接種を受けたから大丈夫!と思わずに、風邪対策と同じように、うがい手洗いを徹底するなど、自己対策も併せてしてくださいね!

ここまでの更新:

インフルエンザの季節の前に!予防接種の知識・タイミング・費用などについて

インフルエンザにかかってしまったときの対処法

からだから元気!カテゴリの最新記事