インフルエンザにかかってしまったときの対処法

インフルエンザにかかってしまったときの対処法

インフルエンザの特徴!

インフルエンザに感染してしまった場合、38.5℃の高熱から一気に40℃まであがってしまったりくしゃみせき頭痛嘔吐下痢などの症状が出ます。

そして全身が倦怠感に襲われ、ダルくて仕方がないのが特徴かもしれません。

私事で恐縮ですが、同じ冬に2度のインフルエンザになった経験があり、尋常ではないダルさは初めての経験でした 汗。

ではインフルエンザにかかったらどうしたらよいのか?

受診するのは発熱から6時間後!

本来ならばすぐに病院へ…となりますが、インフルエンザの場合は
「高熱が認められてから6時間以上経過」
してからの受診をおすすめします。

なぜならば発熱してからすぐに受診した場合、インフルエンザの検査が正しく行えないからです。

本当はインフルエンザなのに陽性がでない!となるのです。

そして発熱後48時間以内の受診であれば、抗インフルエンザ剤(タミフルやリレンザ等)の処方が可能になります。

逆にいうと48時間を過ぎてしまうと、くすりの効果が十分に得られないとの判断です。

なんだか面倒だし、具合が悪いなかで時間を考える余裕なんてないわ!と思ってしまいますがね 笑。

抗インフルエンザ剤とは?

抗インフルエンザ薬とは、インフルエンザを治す薬ではありません

それは風邪薬と同じです。

しかし風邪薬と違うのは、つらい症状を緩和するのではなく、
「インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬」
だということです。

48時間以内の受診であれば処方されますが、では間に合わなかったらどうなるのか?

基本的に抗インフルエンザ剤は「早くよくする」のであって、極端な話をすれば、病院に受診しなくてもインフルエンザは治せます

しかし「早くよくなる」薬を飲んでいないため、40℃くらいの高熱が1週間は続くと考えてください。

考えただけでも寒気がするほど辛そうです…

そして高熱が続くと脳に影響がでたりと危険を伴う恐れがあるので、たとえ48時間を過ぎていても、受診するほうが安心だと思います。

病院に行くときは、必ずマスクを着用してください!

そして外すごとに新しいマスクに変えることが望ましいです。

うがいは効果なし!

風邪の場合は効果的なうがいですが、インフルエンザウイルスはわずか数分で喉の粘膜から体内に侵入してしまうため、残念ながら効果はありません

高熱の対処法

無理に熱を下げることはあまり好ましくありません。

なぜならば熱を下げる事で体内にウイルスが生き残り、治るまでに時間がかかる場合があるからです。

それでも高熱で辛いときは、医師から処方された解熱剤を使いましょう。

解熱剤を使う以外の方法として、クーリング(身体を冷やす)があります。

太い静脈が通っている脇の下を保冷剤等で冷やせば、解熱効果が得られ身体が楽になるかと思います。

水分補給と食事

熱が高い場合はいつもより多くの水分をとりましょう。

スポーツドリンクや経口補水液などがおすすめです。

食事は食べられるもので構いません。ゼリーやアイスクリームなど、口当たりがよいもので大丈夫です。

どうしても水分や食べ物が喉を通らない、口に出来ても吐いてしまうことが続くときには、医療機関で点滴を受けることをおすすめします。

室温と加湿!

室温は20℃~25℃
湿度は50%~60%
が理想的な室内環境となります。

1~2時間くらいに1回の換気も大切です。

口の中や喉の乾燥を防ぐために、マスクの着用が効果的です。

十分に休養をすることが1番!

インフルエンザと診断されたら、安静にして十分な休養をとりましょう

インフルエンザウイルスに打ち勝つために、体内の免疫機能はがむしゃらに戦っています

戦うには体力が必要なので、安静にすることが大切です。

できれば熱が下がるまで、トイレや食事以外は寝ている方が望ましいでしょう。

外出について!

インフルエンザになってから3~7日間(個人差あり)はウイルスを外に出していると言われています。

熱が下がったからといって外出してしまうと、感染源になりインフルエンザを広めてしまうことになりかねません。

熱が下がっても最低2日間は自宅で様子を見て、その後外出する際にはマスクを着用し、他人に移さないよう気をつけましょう!

からだから元気!カテゴリの最新記事