冬の大敵!こり対策☆【首のこり】どうしてなるの?ほぐし方は?

冬の大敵!こり対策☆【首のこり】どうしてなるの?ほぐし方は?

さてさてズボラ飯はズボラ~に更新することにしていますので、今回からふたたび、
【首のこり】
【肩のこり】そして【こりからくる頭痛】
について書いていきます。

おさらいになりますが「こり」とは体内の血行が悪くなり、筋肉が硬くなった状態のことをいいます!

今回も【こりの原因】【こりを緩和する方法】について書いてみますので、よかったらご参考にしてください!

【首のこりの原因について】

首は身体と脳の神経や血管を繋ぐ重要な部位なので、負担がかかると様々な不調に繋がる恐れがあり、注意が必要です!

●頭の重みと、パソコンやスマホが原因です!

首は常に頭を支える役割をしています。

頭の重さは成人で約5kgですが、これは、大きめなスイカ1つ分です。

お米5キロの方がいいかしら?

普通に支えているだけでも重い…考えただけでも首が痛くなりそうです 笑。

さらにパソコンやスマホなどを操作するときは、首が前に突き出た状態になるので、負担は3倍になるといわれています。

3倍…5キロ×3倍=実に15キロです!

『スマホ首』なんて呼ばれたりもしますが、前かがみで同じ姿勢を長時間続ければ、首の血流が悪くなり、首がこります!

デスクワークの方は適切なケアをして、首とご自身を労ってあげてください!ケアの仕方は後ほど…

・ちなみに……

ご自身に合っていない枕も首こりの原因になります!

朝起きた時が首が1番痛いと感じる方は、寝具店などで、枕のお試しをしてみてはいかがでしょうか?

良質な睡眠は大切ですよ!

●ストレスによる緊張と、寒さによる緊張が原因です!

身体やこころがストレスを感じると、筋肉を緊張させてしまう「自律神経」の働きが活発になり、首の周りの筋肉を緊張させ、こわばらせ、首がこってしまいます

また、日々のストレスで過度な緊張状態が続くと、首のこりが慢性化することもあります。

パニック障害や対人恐怖症のわたしは、まさしくこの状態であります。

はぁ…ツラい!

ラクになる方法は、また後程…

●寒さも首こりの原因に!

寒い場所に居るとき、自然と身体を縮めてしまいがちですよね?

身体をギューッ!としてしまうと、首の周りにもチカラが入ってしまい、筋肉は緊張して、首がこってしまいます。

そんな時わたしは「ほいやー!ほいやー!」と謎の掛け声をあげながら(笑)腰に手を当てて、上半身をゆっくりと後ろに反るようにしています。

そのとき腕を一緒に伸ばすと気持ちがいいですよ!

よかったら謎の掛け声共々、お試しください!

一応、元看護師です 笑!

【首のこりを和らげる方法】

首こりに効くマッサージはたくさんあるようですが、自分ではやっていないので、マッサージについては割愛させていただきます。

知りたい方はGoogleでお願いします。かたじけない!

●首を冷やさないようにしましょう!

何度も、何度も、しつこいですが、冷えは万病の元です!

首のこりの原因である血流をよくするためには、首にストールやマフラー、わたしのように綿100のタオルを巻いて(ダサいですか?笑)首を冷やさないようにしましょう!

冷えがひどい時は、巻いた上から貼るカイロで対応すれば完璧かも?です。

●お風呂で血流をよくしてから、湿布薬を貼る!

38~40℃くらいのぬるめのお湯にゆったりとつかれば、こりも気持ちもほぐれます~!

シャワーのみの方もご安心ください。38~40℃くらいのお湯を首に2~3分当てれば、血管が広がり、血流がよくなりますよ!

そしておすすめなのが、足湯です!

洗面器に40℃くらいのお湯をはり、左右の足を交互に入れて温めれば、入浴しているのと同じくらい、身体中の温度が上がるのです!

身体の末端はすごいですねー!

実は入浴が困難なわたしがやっている方法です!

生理中などで浴槽につかれない時など、よかったらお試しください。

お風呂からあがったら首に湿布薬を貼って、湯冷めしないうちにお布団へ入りましょう!

ここまでの更新:

からだから元気!カテゴリの最新記事