発達障害と摂食障害の関係性についてのアンケート調査~ASD度が低かった人たちの症例|第25回・発達障害を考える

発達障害と摂食障害の関係性についてのアンケート調査~ASD度が低かった人たちの症例|第25回・発達障害を考える

前回は、摂食障害を経験した20人のうち、比較的アスペルガー症候群度が高かった人たちの症例を見てきた。

今回は、アスペルガー症候群度が低かった人たちの例を見ていこう。

実際の口コミ~恋愛関係によるもの

たんばりんさん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

2. まあまあ結果の通りだと思う

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

大学の時に大好きな彼氏ができて、その人に嫌われたくないと思ってダイエットをしようと思った。
けれど、食事制限や運動はしたくないと思ってしまった。
ストレスから過食してしまった時に、手を突っ込んで吐いてしまって、そうしたら過食したことへの罪悪感や後悔が無くなった。
食べてしまっても吐いてしまえばリセットされると勘違いしてしまい、そこから過食→嘔吐がやめられなくなった。

4. 摂食障害は

1. 治療中である

ひよこさん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

1. 納得の結果である

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

当時付き合っていた人が浮気をしていて、その相手にも嫌がらせを受けていて、ひどい別れ方をして人間不信になり自分に自信をなくし、同時にその時仕事が忙しく食べる暇もなく、食欲もなく気づけばガリガリになり、私は女なので生理もこなくなってしまいました。
医者からもっと太りなさいと怒られました。
ですが内心自分がいけないんだって責めていたので太ってる自分がいけないんだ。醜いからいけないんだと全然太ろうと思えなかったです。自分を好きになれなかったです。
食べてないので便秘が続き下剤を無理につかったりもしてました。

4. 摂食障害は

2. 完治している

実際の口コミ~ダイエットがきっかけのもの

おとはさん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

2. まあまあ結果の通りだと思う

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

きっかけはダイエットでした。初めは減っていくのが嬉しくて…
だけど、続けているうちにリバウンドが怖くて気が付いたら止められなくなってしまったのです。
1番辛かったのは家族や知人等と外食ができなくなったことです。

4. 摂食障害は

3. 過去も現在も治療は行っていない

ごちそうさまさん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

2. まあまあ結果の通りだと思う

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

社会人になって、初めて人からほめられたのが体型でした。学生時代と違う環境で、友達もおらず、全て一から勉強しなくてはいけない職場。そんなときに唯一自信を持てたのがスリムな体型だったのです。
それから狂ったように体重を管理して、「痩せていなくてはならない」と思うようになり、仕事も生活も全て「カロリーを消費するため」になってしまっていました。
気が付いたらSMA症候群で入院するまで酷くなり、ようやく自分のおかしさに気づきました。仕事のストレスも相当あったのだと思います。
「このままでは死ぬ」と思って、仕事のことや普段の生活のことを同期や先輩に相談するようになりました。摂食障害のカウンセリングも受けました。
幸い、私は半年くらいで食へのこだわりが薄れ、考え方に余裕が持てるようにまりました。仲間がいたこと、カウンセリングをしてくれる場所があったから助かったと思っています。

4. 摂食障害は

2. 完治している

おとながさん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

2. まあまあ結果の通りだと思う

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

小学校の時、友達が朝ごはんを食べない、という話を聞いて自分が食べ過ぎているような気になりはじめました。
そこまで太っているわけでもなく、普通体型なのですが太っていると思い込み食事をとらなくなりました。
その後入退院を繰り返し、命が危なかったと聞いたこともあります。
現在も一時的な鬱と重なり痩せてしまい、少し悩んでいます。

4. 摂食障害は

3. 過去も現在も治療は行っていない

りさん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

1. 納得の結果である

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

他人から太ったから痩せろ、周りの人も皆あなたが太ったと言っている、と言われ食事を制限するようになった。
尻の骨が浮き長時間座っているのが辛くなった。髪が抜けたり目眩がしたりした。
デパートの食料品コーナーを理由もなくうろついたりした。

4. 摂食障害は

2. 完治している

実際の口コミ~ストレスや食への恐怖によるもの

たおさん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

2. まあまあ結果の通りだと思う

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

学生生活です。
中高一貫の女子高、進学高に進学したことです。まわりはお金持ちで勉強をしなくても、地頭がよく何でもできる方々ばかりでした。
友達はいましたが、進学する大学への受験のプレッシャーでご飯が食べれず、どんどん痩せました。

4. 摂食障害は

2. 完治している

くろさん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

1. 納得の結果である

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

若い頃から食べることが好きで太りやすかったのですが、高校生の時に知人から細い姉との体型を比べられて馬鹿にされ恥ずかしい思いをした事がありそれがきっかけで食べて太るということが怖くなり食べることが出来なくなりました。
食べても太るだろうと心配になり、未だに食べたことに罪悪感を感じ、食べては吐くという事を繰り返してしまいます。

4. 摂食障害は

3. 過去も現在も治療は行っていない

たらこさん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

1. 納得の結果である

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

高校時、厳しい校風が合わなかったストレスがmaxで、そこに家族からの外見に対する軽い冗談が耐えられず、拒食症になりました。165cmあるのですが、一番体重が軽い時は39kgまで減り、立つのが精一杯でした。

4. 摂食障害は

2. 完治している

えりさん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

1. 納得の結果である

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

いつも頂いてた食事が頂けなくなった事で辛い思いをしました。
原因は離婚した事で体調が悪くなったので摂食障害になったし離婚した後に出産をした事で精神的に辛くなった事も摂食障害になった理由です。
私は焼き肉を食べる事でストレス発散していたけどストレス発散出来なくなった事で辛い思いをしました。

4. 摂食障害は

3. 過去も現在も治療は行っていない

ののちゃんさん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

1. 納得の結果である

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

ストレスが続き食欲がなくなり、食べたいのに食べられなくなりました。初めは痩せたからラッキーと思っていましたが、少し食べても吐いたり下したりするので、体重がドンドン落ちてげっそりし、体力も落ちやる気もなくなり、常にドンヨリぼんやりしていました。
生理も止まり、判断力が鈍り、ぼーっとしてる時間が増え、生活リズムも崩れました。

4. 摂食障害は

3. 過去も現在も治療は行っていない

ゆかこさん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

1. 納得の結果である

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

仕事が忙しく、またミスも続いていつも上司に叱責され、うつ病と診断されました。そのときは体の疲労感も強く、食欲がなくなり、食べられなくなりました。体重が10キロ以上痩せても普段通り仕事をしなければならなかったのが身体的にも精神的にもつらかったです。

4. 摂食障害は

2. 完治している

実際の口コミ~家庭環境によるもの

gonさん・男性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

3. それほどでもないが「え?本当に?」と思った

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

両親や家内が同時期に病気にかかり、自分一人で仕事を続けながら、家庭にことも
あれやこれやとこなさなければいけなかった時期です。
特に家内はうつ病にかかり、回復に5年ほど要しました。
家内の症状が一番ひどい頃は、 私自身まともに食事を取れず、アルコールに頼っていました。

4. 摂食障害は

2. 完治している

Qさん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

3. それほどでもないが「え?本当に?」と思った

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

小学生の頃に拒食症になり、その後非嘔吐過食、過食嘔吐を経験しています。

何より一番辛かったのは学生生活を送れなかったことです。
摂食障害になり食へ囚われてしまったこと、体系の変化に心が追いつかず醜形恐怖症になり完全なる引きこもりになってしまった事、それにより小、中、高とまともに学校には通えていません。
引きこもりだったので通院は母任せで、直接主治医と顔を合わせることもなく、適切な治療も受けることが出来ていなかったと思います。
10代後半からは一人暮らしを始めましたが、過食嘔吐が悪化する一方でした。そんな中通信制の高校に籍を置きましたが卒業まではとても時間が掛かってしまいました。
最終学歴は高卒です。履歴書が酷くアルバイト等の面接の際眉をしかめられることが多です。

原因は機能不全家族、特に母親との確執だと思います。
今思えば、長い間鬱状態であり、ふと全てが嫌になった時ご飯が食べれなくなっていました。

4. 摂食障害は

2. 完治している

実際の口コミ~原因不明の場合

k17さん・女性の場合

1. 診断結果

2. アスペルガー症候群の可能性は小です

2. 診断結果について

1. 納得の結果である

3. 摂食障害で辛かった体験や、摂食障害になった原因・きっかけを教えて下さい。

食べなければならなくても身体が受け付けないこと。
どうしても外せない外食の予定(仕事関係の食事会など)を抜けられないと、どうしようもない。
食べないと食べないで面倒臭いが、食べられない
原因は、明確には不明。

4. 摂食障害は

1. 治療中である

総括

摂食障害になる原因は様々だが、なにかの問題がありその発露として摂食障害が出現することは間違いが無い。

原因を取り除けば根治できるもの、カウンセリングや治療を行えば完治できるもの、それらを行ってもなおこびりついて離れないものなど様々あるが、からだとこころからのSOSサインとして摂食障害はけして見逃すことのできない症状である。

今回は直接的には発達障害とは結びつく内容ではなかったが、つらい症状のひとつとして、あますところなく紹介することにした。

女性に多い病気であることは疫学的に証明されている所だが、男性もけして他人事ではない病気である。

本記事が摂食障害で苦しんでいる人たちの助けになれば幸いだ。

発達障害を考えるカテゴリの最新記事