社会復帰後発症…体調も情緒も不安定に…自律神経失調症と体調不良と情緒不安定。mayukoさん・女性の場合|第4回・精神疾患を考える

社会復帰後発症…体調も情緒も不安定に…自律神経失調症と体調不良と情緒不安定。mayukoさん・女性の場合|第4回・精神疾患を考える

自律神経失調症特集第4回は、出産ののち社会復帰を果たすもストレスから自律神経失調症を発症してしまったケースについてです。

mayukoさんの症状の概要

出産後、社会復帰してから体や精神の不調を感じるようになりました。体のだるさ、動悸、頭痛、めまい、胃痛、便秘、食欲の低下や不眠に悩まされました。

急に不安で涙が出てきたり、気づくと仕事中にボーっとしていて集中力がなくなったり、怒りっぽくなってしまったりなどです。

3ヶ月ほどこんな調子だったので、夫から「病院へ行った方がいい」と言われて病院へ行くことにしました。

体がだるくて仕事や家事を思うようにできない。

朝起きてから家族の朝食の準備やお弁当を作ることがものすごく辛いです。

仕事は事務仕事なのですが、午前中はなんとか頑張ることができても、午後になるとものすごく身体がだるくなってきて、集中力が低下してしまいます。

思うように仕事が進みませんし、ミスをして怒られることが増えました。

夕方帰宅してからは、洗濯や夕飯の支度などが辛くて横になることが多く、なかなか思うように家事が進みません。

突然めまいがするので外出することが怖い。

座って仕事をしている時はめまいはしないのですが、家事をしている時や外出先でクラクラと突然めまいがするので怖くなりました。

特に外出先で買い物途中や電車に乗っている時にめまいがしたことがあり、座り込んでしまい、人が集まってきて「大丈夫ですか?」と騒ぎになったことがあります。

本当に嫌です。

外出することが好きだったのに、めまいのせいで家に引きこもることが増えました。

感情が不安定で家族や周りに迷惑をかけている。

以前だったら怒ることはなかったことで、夫や子供たちにガミガミと怒ってしまったり、しつこくネチネチと問い詰めたりするようになり、家族をすごく困らせています。

仕事中に当然不安感でいっぱになり泣きたくなったり、趣味をしている時でも胸が苦しくなってきて続けることができなくなってしまったりします。

自分で自分の感情をコントロールすることができないので辛いです。

mayukoさんの講じている対策

お医者さんからストレスが原因であると言われたことで、仕事を辞めました。

夫は忙しく家事や育児は手伝えない状況でした。

私もフルタイムで働き、その上で家事や育児も1人で頑張っていたことが原因かなと思ったからです。

調子が悪い時はできるだけ無理をせず休み、家事も育児も完璧にしようと思わないようにしています。

十分な睡眠をとり、バランスのよい食事をして、30分のヨガを続けています。

ヒーリング音楽を聴いたり、半身浴をしたり、のんびり過ごすようにしています。

少しずつですが不調を感じることが少なくなってきています。

ここまでの更新:

精神疾患を考えるカテゴリの最新記事