『星の王子さま(サン・テグジュペリ)』から『水平線(back number)』へ ~ 自己紹介とごあいさつ ~

 

昔読んだ『星の王子さま』の中で、キツネは王子さまに、「ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない」 という“秘密(であり、人間たちが忘れてしまった真理)”を教えていました。その後、心理学を学んだこともあり、「心の働きは見えないけど、大事だよね」という風にとらえ、おぼえていました。

 

時は流れて2021年、開業を本気で考えはじめたころに聴いたback numberの『水平線』という曲に、「心は誰にも見えないのだから、見えるものよりも大事にするといい」 とありました。

 

はっとしました。「見えないけど、大事にしよう」ではなく、「見えないのだから、大事にしよう」と、そういう姿勢で働いていきたいと思いました。

 

これまでの勤務先で自分と向き合ってくださった多くの方々との出会いが、20年目の今の自分を作っていると感じています(※)


より身近に、心(ココロ)をお手入れ(メンテ)する場を用意することが、ご恩返しになるのではないか?とも考えました。

  

自分を語る作業は、時として非常に怖いことです。それでも、「怖いけど行ってみよう」と来店いただく方の勇気に敬意を表して、じゃまをせず、耳をかたむけることから始めたいと考えています。

 

どうぞよろしくお願いします。



※ これまでの職歴について、Q&Aに記載しております。宜しければご覧ください。



2022(令和4)年6月

 

公認心理師 結城 博実(ゆうき ひろみ)

 

 

追記: もう一つのご縁として。開店にあたり準備した安西水丸さんのイラストには、『ホリゾン(水平線)』と呼ばれる画面をわける線がひかれています。お店の外と中にかざってありますので、見つけていただけたら幸いです。